シミがついたときの応急処置

水溶性・脂溶性の汚れ

汚れの多くが、水や脂に溶ける性質を持っています。

そのうち、水に溶けるものが「水溶性の汚れ」です。
ジュースや牛乳、お茶、ワイン、コーヒーなどの飲み物をはじめ、しょうゆ、血液、水性インクなどが挙げられます。
その名の通り、水ににじむ印象のあるものが多いと思います。
水に溶けやすいため、ついたばかりの水溶性のシミなら水だけで落ちることもあります
ただし、色素やタンパク質を含むものは別途対処法が存在します。

一方、脂に溶ける性質のものが「脂溶性の汚れ」とされています。
口紅やファンデーションなどの化粧品、チョコレート、ボールペンのインクなどが有名です。
水ににじみにくく分離しがちで、あぶらが主成分になっていることが多いようです。

混合性・不溶性の汚れ

水溶性と脂溶性の両方が混じっている「混合性の汚れ」もあります。
カレーやミートソースなどは、水に溶ける成分とあぶらの成分の両方が含まれています。
水にもにじみ、分離してあぶらも浮いてくるものになります。
水溶性と脂溶性、どちらか一方の対処法だけでは汚れが落ち切らないことがあります。

また、サビや泥、ホコリは水にもあぶらにも溶けない「不溶性の汚れ」に分類されています。
これらは、衣類の繊維と繊維の間に汚れの粒子が入り込むようにしてシミになります。
浸け置きをしたり、洗濯機から出した後もしつこく残っていることが多い汚れです。
シミ抜きの基本である、優しく叩いて古布に汚れを移す方法ではなかなか落ちないため、汚れを掻きだす作業が必要になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る